あべともこ こどもクリニック 藤沢市湘南台 小児科

アレルギー外来

当クリニックではアレルギー外来を設けています。食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息のお子さんはもちろん、現在症状がなくても今後のアレルギー症状がご心配であれば、ゆっくりと時間をかけて対応いたします。

アレルギーは親御さんにとって、大きな心配事でもあります。アレルギー疾患の考えはこの数年でも大きく変わってきています。食物アレルギーの治療は原因食物を「食べない」事から「食べて治す」方法へ変化してきています。乳幼児は身体の発達が最も盛んな時期です。この時期に不必要な食事制限はお子さんの成長発達にも悪影響をきたす場合もあります。実際に食べてみる事が最も正確な「検査」ですが必要な場合やご希望により採血検査も行い、結果を参考にして食事のプランを立てていきます。

アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症が主な原因です。皮膚のバリア機能が失われており、炎症や乾燥による強いかゆみが最もお子さんにとってつらい症状です。バリア機能修復には保湿剤によるスキンケアが重要です。また、ステロイド軟膏も重要な治療薬で、小児には強いものは使いませんが、定期的に経過を診て軟膏の使用方法を検討します。ステロイド軟膏は塗り方を誤らなければ、怖い薬ではありません。

小児喘息は患者数は増加していますが、入院が必要な重症発作は年々減ってきています。
しかし、慎重に経過を診ていかないと、発作で生活に支障をきたしたり、大人になっても喘息発作を反復する可能性があります。

近年、スギ花粉による鼻炎・結膜炎の発症が低年齢化している傾向があります。小学校低学年や幼児のお子さんでも症状がご心配であれば、ご相談ください。

アレルギー疾患はいずれも「慢性」の疾患で、「長期戦」になりますが、小児期にきちんと通院・加療し、アレルギーを持たない児よりも心身ともに強い人になりましょう。

  • アレルギー外来は水曜日の午前・午後と金曜午後。予約制です。ご家族のご都合によって他の日程を設けることも可能です。