友だち追加
あべともここどもクリニックインスタグラム

あべともここどもクリニック
Instagram
最新の情報を随時発信していきます

クリニック案内

アクセス

  • 電車
    小田急江の島線
    相鉄いずみ野線
    横浜市営地下鉄ブルーライン
    湘南台駅西口から徒歩5分

医院名
あべともここどもクリニック
住所
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台3-7-12
湘南台クリニックビル2階
診療科目
小児科
電話番号
0466-42-6785
ONLINE QQ こどもの救急

医師の紹介

阿部 知子 (あべ ともこ) 医師・理事長

阿部 知子 (あべ ともこ) 医師

2003年にクリニックの開設を計画。毎週月曜日・月に1回の土曜、思春期外来も担当しています。

思春期のこどもたちとその親御さんが、悩みを抱え込むことがないよう、じっくり話をお聞きします。

こどもたちが一人ひとりの育ちのペースですすんで行けるように、思春期のこころの問題を一緒に考えていきましょう。

昭和49年東京大学卒。東京大学小児科医局入局。稲田登戸病院、国立小児病院、メイヨークリニック(米国)、大和徳洲会病院、千葉西総合病院、湘南鎌倉総合病院勤務後、平成11年~12年千葉徳州会病院院長。すくすく保育園・園医。
平成12年より衆議院議員。

平田 尚也(ひらた なおや)医師・院長

山形大学医学部を卒業後、横浜市立大学小児科医局に入局し、神奈川県内の小児拠点病院を中心として小児医療を研鑽してきました。

藤沢市民病院に勤務した縁をきっかけに藤沢市内の小児医療に尽力したいと考え、当クリニックでの診療を始めました。

専門分野は小児救急全般で、感染症診療、アレルギー診療にも注力しております。藤沢市民病院での経験を活かして、あまり小児科ではなじみのない外傷をはじめ、「これ小児科でいいの?」と思われる症状までなんでも診ますのでお気軽にご相談ください。

令和6年より院長に就任しましたので、よりいっそう地域のお子さんたちの力になれるよう努力していく所存です。お子さんたちはもちろん、親御さんの笑顔を守れるような小児科を目指していきます。


平成28年 山形大学医学部医学科卒業

研修先 横浜市立大学附属市民総合医療センター、みなと赤十字病院、済生会横浜市東部病院、横浜市立大学附属病院、藤沢市民病院、横浜労災病院、横須賀市立うわまち病院 

藤森 理子(ふじもり りこ)医師

藤森 理子(ふじもり りこ)医師

阪市立大学(現大阪公立大学)医学部を卒業後、東大小児科に入局して阿部先生の後輩になったご縁で当院には開業当初から非常勤で勤務しており、令和2年4月から5年11月までは院長をさせていただきました。

小児科診療の傍ら思春期外来も担当していたところ受診を希望する患者さんが増えてきたため令和6年2月より湘南台駅前に「湘南思春期クリニック」を開設することになり、当院の院長は平田先生に引き受けていただくことになりました。

令和6年2月以降も引き続き当院で月曜・木曜は思春期外来を担当させていただきますので、湘南地域の子どもたちが心身共に健全に育ってもらえるよう今後も子育て中のご家族のお役に立ちたいと思っています。


※現在、湘南思春期クリニックの開業準備中です。2月から開業で、詳細はまたお知らいたします。

https://shonan-shishunki.com/

ホームページはこちらをご覧ください。

佐藤 安紀子(さとう あきこ)医師

1992年防衛医科大学校卒、防衛省精神科医官として自衛隊員のメンタルヘルス支援をしつつ、自衛隊中央病院、防衛医大病院等にて診療。2005年に防衛省を退職後は心理カウンセリングと平行して、さまざまな心身の不調を改善する「分子整合栄養療法」を行なうクリニックにて、心療内科外来を担当。

本来人間は、自力で心身の不調を治す力を持っています。ところが昼夜逆転や偏った食事、運動不足そして慢性化したストレスが、健康に戻るのを妨害しているのです。この状態で薬物療法のみをしても、効果は薄いでしょう。
患者さんの本来の健康を取り戻すための相談をお待ちしていますので、
よろしくお願いします。


(株)BTBジャパンより、浜野ゆりというペンネームで、
「食事と栄養で心の病が治るワケとコツ」が刊行しました。
興味のある方は、ぜひ購読ください。